AIやIoTを扱うITジョブに携わるためには、プログラミングのスキルが必要不可欠です。

将来有望!今後を担うITジョブ-ヘッダー画像

これから必要とされるITジョブ

AIロボットのイメージ画像

AIやロボット、IoTなど現在では様々な技術が急速に発展しつつあります。
私達の身の回りでも、スマートフォンやインターネット、電子決済などIT技術の発展による恩恵は至る所で確認できますよね。

 

こうして技術が発展するにつれて私達の生活も非常に便利になりましたが、それと同時にAIやロボットによって、人間の仕事が少なくなりつつあります。私達がこうしたIT社会を生き残るためには、どのような職業を選択すればいいのでしょうか?

 

当サイトでは、これからの社会を生き残るITジョブプログラミングについて解説していきたいと思います。

 

 

この先必要とされるITジョブとその特徴

これほどまでにIT技術が発展し新しく登場した職業があったり、生活の変化を感じたりしてる今、現代社会を生き残るのであればIT関連の職業が有利だということは簡単に予想がつきますよね。

 

 

しかし、IT関連とは言っても具体的にどのような職業があるのかをご存知でない方も多いのではないでしょうか?
IT関連の中でも需要が高く、これから必要とされるITジョブについてまとめていきたいと思います。

 
Webデベロッパー

Webデベロッパーとは、Webデザイナーが作ったWebサイトのデザインを実際に動くウェブサイトにするのが主な仕事です。プログラミングを駆使して様々なコンテンツを開発したいという方におすすめの職業となります。

 

モバイルアプリケーションデベロッパー

私達の生活には欠かせないスマートフォンやタブレットなどで使用できるアプリを開発するのが、モバイルアプリケーションデベロッパーという仕事になります。
モバイルアプリならではの開発言語もあるため、プログラミングの中でも難易度が高い部類に入ります、

 

マシンラーニングエンジニア

こちらは主にAI(人工知能)の機械学習に取り組む職業となります。
AIを活用するためにはマシンラーニングによって情報を教えてあげたり、ディープラーニングを取り入れたりして開発を行う必要があります。
現在マシンラーニングデザイナーは数が少なく、非常に希少価値がある職業として注目されています。

 

IoTエンジニア

IoTとはインターネットを身の回りの物に接続し、便利に活用できる技術のことです。
IoT開発は非常に多くの工程から成り立っているため仕事の範囲が広いのが特徴です。
デバイスの制作やシステムの開発、アプリケーションやソフトウェアの開発、AI開発などが主な仕事内容となります。

 

データエンジニア

データエンジニアはAIやIoTといった技術が実際に運用されている現場の指揮や機械学習、開発などを行う職業です。
時代のニーズにマッチした職業であると言えるので、今後ますます需要が高まっていくでしょう。

 

サイバーセキュリティエンジニア

情報セキュリティに関する設計や開発を行うのが主な仕事内容となります。
サイバーテロに対応したり、セキュリティ事故の発生時に対応したりする必要があるため、より専門的な知識が必要となります。

 

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアも名前の通り、ネットワークの設計や開発、運用をするのが主な仕事となります。
特に企業にとってネットワークのインフラは非常に重要です。
そのためネットワークエンジニアの需要は今後も増大していくことが予想されます。

 

 

プログラミングの必要性

ITの仕事をする男性のイメージ

日本の小学校では、2020年からプログラミングは必修科目となります。
中学校は2021年、高校は2022年から必修科目となる予定です。

 

日本は世界的に見てもプログラミングの必修科目化は遅れている方で、すでにアメリカやイギリス、ロシアなどさまざまな国の教育に取り入れられています。

 

これほどまでにプログラミングが必要とされる理由は一体何なのでしょうか?
その背景には、IT業界でエンジニア不足が深刻化している、という大きな問題があります。

 

現代社会では様々な場面でIT技術が必要となり、エンジニアの数が足りていないにも関わらず日々需要ばかりが増加しています。

 

そんな中プログラミングを学んで手に職をつけることができれば、職業選択で有利になるばかりではなく待遇も良くなり仕事に困ることは無くなるでしょう。

 

これからの時代を生き残るITジョブは、いずれもプログラミングのスキルが必須となります。
今後のIT社会でより良い生活を送るために、プログラミングを学んでみるのも一つの選択肢と言えるのではないでしょうか?